行政書士のDVDの種類と選び方

Tags:行政書士, DVD, 選び方

行政書士のDVDを選ぶときは、はっきりいって誰でも迷ってしまうと思います。
行政書士を目指すときに、DVDをおすすめしやすいのは、DVDの種類が多くなっていることも 理由のひとつなんですけどね・・・でも行政書士のDVDの選び方の問題が出てきてしまったわけで・・・。
ものには相性がありますけど、これだけ行政書士のDVDが多かったら、どんな受験者にも相性がよいDVDの ひとつやふたつ、いつかは見つかるだろう・・・なんていうことになっちゃうんですけど、 じゃあそんなにいっぱいある行政書士のDVDの選び方はどうするんだよと。
まさか片っ端から買いこんで試すわけにもいきませんよね。

価格や内容の説明、それから口コミとかを参考にしたり、それから試聴版を手に入れたり (今なら、オンラインでDVDの一部を再生することができる通信講座も珍しくありませんし、 トライアル版を無料で自宅まで送ってくれる通信講座だって存在します!)
・・・ということをやったほうが、行政書士のDVDの選び方としては絶対いいんですけど、 ここではDVDにもいくつかのパターンがあるという話をしておこうかと思います。

行政書士のDVDを検索するといろんな情報が出てくると思いますけど、 教材のセットにDVDが含まれている通信講座だったらわりと多いですから、一度にたくさんの情報が出てきます。
しかし、どれくらいDVDが入っているかはバラバラです。
中には「教科書や参考書は何冊もあるけど、DVDはほんの数点だけ」なんていう場合もあります。
これだと、DVDのメリットにあまりあずかれませんから、 選ぶときはそれでもいいかどうかをよく考えてから買わないといけません (もちろん、行政書士のDVDの望ましい選び方を書く立場からは・・・その手のDVDはおすすめしがたいですね!)。

もうひとつは、どんな講義を撮影しているかという点ですね。
学校が通信講座もやっている場合は、学校の講義をそのまま撮影している場合がよくあります(例外もありますけど)。
逆に学校を開いていない通信講座の場合は、オリジナルの講義を撮影していることが普通です。
このふたつの選び方ですけど・・・どちらのDVDを選ぶのかは人それぞれで、たとえば行政書士の学校に 行きたかったけど通えない事情があった人だったら 好きな学校で、その講義のDVD販売をやっていないか調べてもいいでしょう。
でも行政書士のDVDの選び方としては、オリジナルの講義をしている種類のほうが ただ教室を撮影しただけのDVDより見やすく、聞き取りやすくつくられていますから この場ではそちらに軍配を上げたくなりますけどね!