行政書士のおすすめDVD(独自の洗練された講義の場合)

Tags:行政書士, DVD, おすすめ

行政書士のDVDには、他のページでも書いていますけど、学校で実際に行われた講義をそのまま 撮影している場合と、DVDのために専用の講義をして収録している場合とがあるんですよね。

以前は、ただ学校の行政書士の講義をおさめただけのDVDのほうが目立っていて、おすすめもされていたようですし、 なんとなく人気も高かったようですけど、最近はその傾向も逆転してきているのではないでしょうか。
しかしそれはどうしてでしょう?

オリジナルの行政書士の講義を見られるDVDのほうが、内容が煮詰まっていたり整理されていたりしておすすめ・・・
という声が大きくなっているようです。

学校の講義の場合、自分も「あの学校のあの先生の講義を一緒に受けている」という感覚を共有できますけど、 原則として学校の講義をただ撮っているだけですから、余計な時間もどうしても入ってきてしまいますね。
先生にしても長時間の講義の間、ずっと「噛まずに流暢に」喋り続けているとは限りません。
また、学校の講義ではほとんどの場合、黒板に手書きでの説明をしますから読みやすいかどうかはわかりません。
しかしオリジナルDVDの場合は、行政書士の説明を黒板に書いて行う先生はあまりいないこともおすすめの 理由にされていますね。
それだと利用者にとって不便だとわかっているので、「電子黒板」のようなシステムを用意して 活字や図表を見やすく表示して、それに基づいて講義をしてくれることがメインの方法となっているんですね。

それじゃ、オリジナルの講義を撮影していて、コンパクトにまとまった講義を期待できる行政書士のおすすめDVDを ここでちょっと並べちゃいます!

○フォーサイト
専用のスタジオで撮影していて、雑音が入らず、しかもカメラアングルまで配慮されている講義を 再生することができます。しかも必要に応じてテキストのアップをバックにして講義するスタイルで、 どこを読みながら聞いていればいいのかはっきりすることも、行政書士のDVDとしておすすめをしやすい点です。
○ヒューマンアカデミー
専用のスタジオで収録しているので、見づらかったり聞き取りにくかったりということはありません。
ひとつの教程で1枚のDVDが割り当てられているのもわかりやすいですね。
○クレアール
映像講義に特化している学校として有名ですね。DVDにしてもWeb配信の動画にしても、 ただの講義の収録ではなく、随時教材のクローズアップ等を挿入しながら説明をしてくれます。

今から行政書士のDVDを買う人たちには、やはりオリジナルの品のほうをおすすめしたいですね!