行政書士のDVDの中から上級者向きを選ぶべきとき

Tags:行政書士, DVD, 上級者

行政書士の試験はものすごく難しいです。DVDを使っている人も含めて、 毎年行政書士の試験に落ちる人たちの数は半端ありません!
学校に行っていたり、家で勉強をしていたり、通信教育を頼んでいたりと、勉強方法はバラバラですけど とにかく行政書士の試験に落ちる人は毎年信じられない多さです。これまでの合格者の中にも、 たった1回の受験で無事に合格を果たしたという人は実際に少ないですから仕方ないといえば仕方ないんですけど。。。

でも落ちてしまってもそれで簡単にあきらめられないのが当たり前ですね。ただ、勉強法に何か反省すべき点が あったんでしょうから、反省をして再受験を目指すのが建設的な態度です。他の勉強法をしていた人たちが、 それを変えるためにDVDを取り入れようとすることだって珍しくありません。

ここで問題になるのは、再受験をする人たちや、法学部を卒業している・法律事務所に勤務したことがある などの理由で法的知識がすでにけっこう備わっているという状態 (基礎が身についていない段階だったら、かえって迷うこともないかもしれません、けど、 ゼロスタートの人たちと同じ勉強をする必要がない人たちだっていますよね?)で、 どんなDVDを買ったらいいのかっていうことですね・・・つまり行政書士の世界では上級者にあたる場合です。
そんな上級者たちをターゲットにしている行政書士のDVDもちゃんと今では販売されています。

たとえば、TACの「上級本科生コース」やクレアールの「完全合格答練マスターコース」は まさに行政書士の勉強の経験者、上級者たちを意識して組まれているカリキュラムに基づいたDVDだといえますよね。
上級者にとっては、行政書士の基礎中の基礎から教えるようなDVDだったら時間の無駄に感じちゃいますが、 これらはそんなDVDとはひと味違います・・・いやだいぶ違いますね、行政書士の上級者向けに 試験に向けての実戦力アップをはかれるようにつくられていると思って問題ありません。
上級者でもよく間違えてしまう部分がどこにあるのか、それを徹底的に追求してつくられた行政書士のDVD だというわけです。

上級者の場合は、アドバンテージがある身分といってもいいんですから、行政書士のDVDを買うときも じっくりと時間をかけて選んでもらいたいですね。